「コロナ疲れの原因と対策とは?」超簡単予防&解消!今すぐできる幸せホルモン分泌法

幸せになる方法

新型コロナウイルスが流行して、もう2ヶ月が経ち

「コロナストレス」「コロナ疲れ」

どころか「コロナ離婚」「コロナうつ」
はたまた「コロナ虐待」「コロナDV」まで…

SNSを見ていても以前よりも確実に、精神的に疲弊している人たちが増えたことを実感しています。

そこで今回は、少しでもそんなストレスから、皆さんの大切な身を守って欲しくて書きました。

僕たち親がストレスを抱え、精神的に不安定な状態になることは、

毎日家にいる子供たちにとっても、極めてマイナスの影響が大きいんです

今回の投稿で少しでも皆さんの、そして子供たちのストレスの軽減に繋がれば幸いです。

今回の投稿で分かること
「コロナ疲れの原因と3つの解消法!」
とくに最後の3つ目はとっておきです!

コロナ疲れの原因と対策とは

今回、重要となるキーワードは
「セロトニン」

脳幹の縫線核という場所で合成される、神経伝達物質の一つで

「幸せホルモン」
「癒やしのホルモン」

などとも呼ばれ、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?


セロトニンには精神を安定させ平常心を保つ効果があり、健康な人なら、ある程度からだに蓄えられていますが、


不足すると、慢性的なストレス疲労、向上心や意欲の低下、協調性の欠如、うつ 、不眠といった症状の原因になることが知られています。


特に長期間ストレスにさらされる場合は、 新たな生成が上手くいかないと、セロトニンが枯渇てしまい


セロトニン不足コロナ疲れ悪化離婚、虐待、うつ


ということに…


ただコレ!


逆を言えば、セロトニンの消費を抑えて、新しく生成できれば、


「不安やイライラ」といった感情を抑え、

向上心や意欲も衰えず、

協調性を持ち、

精神的に安定することが可能

ということなんです!

ここからは「セロトニンを減らさない方法と増やす方法」をご紹介します。

【コロナ疲れ対策】

もしセロトニンが生成できたとしても、知らない間に減らしていては、

精神的な健康が維持できないので、 まずは減らさないようにします!

そのためにして頂きたいのが「ストレス環境に身を置く時間を減らすこと」です。

具体的には、下記に記したセロトニンが減る「5つのストレス行為」を避けます。

① 他者批判
② 他者批判をしているのを見聞きする
③ 自分では変えられない出来事に注目する
④ 不安に思うことを考える
⑤ 生活リズムの乱れ


これらセロトニンを減らす行為を知った上で、はじめに行うのが、

情報をコントロールする


NG行為の①、②「他者批判」で最も気を付けたいのがテレビ📺

テレビは企業である以上、主の目的は収益をあげること。

つまり視聴率を上げて、視聴者の消費行動をあげ、広告主を増やすことです。

実は、その為に最も効果的な方法が
「ネガティブな情報を流すこと」
なんです。


ネガティブな情報はポジティブな情報に比べ、

圧倒的に情報への依存性、拡散力、消費行動(購買行動)を増やすなどの効果が高く

情報発信を少しでも学んだことのある人なら常識です。

しかもテレビの情報は、一方的に配信されているもので、テレビ局が発信したい内容である以上

「批判したくなるような情報」「憤りを感じる情報」「不安を感じる情報」「スポンサーに気を使った情報」が多くなります。


企業である以上、テレビ局が利益を求めて情報発信するのは当然の権利であり、悪いわけではないので、

僕ら見る側が『そうやって利益を得ているメディアなんだ』という認識を持っていないと

「なんでコイツはこんな事をするんだ!」って批判的な気持ちにさせられたり、

批判しているコメントを聞いて「そうだそうだ」と同調させられてしまうことで、

セロトニンの生成ができなくなってしまいます。



そこで、テレビを見る時は、

自分には変えられない出来事に注目しないこと


をオススメします。


例えば政策への不満、芸能人の不倫、ある大企業のシステム上のミス…etc


もし仮に僕が真剣に悩み、考え、家族に熱弁を奮ったとして


何か変わりますか?


間違いなく、変わらないんです。


つまり


「どれだけ真剣に悩んでも何も変わらない」→それは100%ストレスになるんです。

だからテレビなどの情報の中でも《自分が変えられない出来事》に関しては、

あくまで情報としてだけ捉え

「へぇ~そうなんだ」

で、終わらせます。


実は思考を使わなければ、情報自体には「ネガティブな情報」も「ポジティブな情報」もないんです。

だから

自分の影響の及ぶ枠の外にあること」は、あくまで情報としてだけ捉えましょう!


不安に思う時間をコントロールする

人が不安になるのは、先ほど同様、考えていることが

「自分の影響の及ぶ枠の外」にあるからなるんです。

『そのくらい自分の力なんとかなる!』って自信があれば不安にはならないので。

でも不安になることを一切考えないなんて、神様にでもならない限り、多分無理です。

なので、注目する部分を変える努力をします。


『このままだと収入が減って、飯が食えなくなってしまうかも…』

そんな不安を持っている人は、僕を含め日本中にいます。

それを一切考えないなんてことは、僕にもできません。


でも、そんな中でも精神的に健康でいる為にしているのが



「今できることはなんだろう?」を考える時間を徹底的に増やす


ってことです。


「稽古できない道場生の為に、今できることは?」

「今、発信するとみんなに有益になる情報は?」

「子供たちが学校に行けない今だからこそ、できることは?」などなど



『今自分にできることってなんだろう?』ってことを考える時間を増やすと、


【今できること】に注目できるので、

《自分にはコントロールできない未来》に不安になるよりも、ポジティブな毎日が過ごせます!


これを言ったらなんですが


「深刻に悩んで過ごしても」

「今できることに注目して、充実した毎日を笑顔で過ごしても」


変えられないモノは変えられないんです!

だけど「どっちを選ぶのか?」は自分で決められます。

僕は、後者を選ぶ努力をしたいと思っています。

コロナ疲れを解消!効果的な3つの方法

ではここからは、具体的にコロナ疲れを解消する方法をご紹介します!

セロトニンの増やし方を知って、コロナ疲れを解消しましょう!

最初に紹介するのは、

なにはともあれコレです!

1.運動してタンパク質を食べる!

実はセロトニンと、もう一つ、幸せホルモンと言われているドーパミンは

運動するだけで分泌される

ということが分かっています。

しかもウォーキングなどの軽い運動でもOK

だから自粛で家にいて「外に出られないんだ…」なんて方でも、室内で行える簡単なものでも大丈夫です。

ちなみに必須アミノ酸の一種トリプトファンは、セロトニンの生成には欠かせませんので、タンパク質をしっかり摂取しましょう。


多く含まれている食材は主に、肉や魚、他にも豆腐・納豆・味噌などの大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品などなど…。

運動してタンパク質を取れば筋肉もつきます!

筋トレは「コロナ疲れ解消&夏ボディーGet」で一石二鳥です

良かったらこちらのページもご参考にして下さい


そして2つ目は超簡単な方法。

2.朝日を浴びる!(午前中であればOK)

なんとセロトニンは

朝日を浴びるだけで分泌されるんです!

つまり

朝、散歩するのは「朝日+軽い運動」でコロナ疲れ解消には効果抜群!!


そして最後に紹介するのが、今回のとっておきの情報!


コロナ疲れを解消するための最強の方法です


人のヤル気、達成感、充実感、記憶力、幸福感、向上心、自己肯定感、充足感、etc…


そんな、ありとあらゆるプラス感情に関わるのが、

・セロトニン
・ドーパミン
・オキシトシン
・エンドルフィン

これらの4つの「幸せホルモン」です。

※セロトニン以外のホルモンの働きに関しては、掲載すると長くなるのでググって下さい。


それぞれ、人が幸せを感じる為には大切なのですが


実は、このホルモンを


4つ同時に出しちゃう方法があるんです!


それが…







3.心から感謝される事!


『はぁ~?』と思った、そこのあなた!

感謝を舐めては絶対にいけません!


たったそれだけで、幸せホルモンと呼ばれている4つのホルモンが全て分泌され、

しかも感謝する事で、感謝した側にも近しい効果があるんです!


つまり家にいる時間が長い今、家族に心から感謝をすると


「感謝された家族の幸せホルモンがドバーッ!」

「感謝した自分の幸せホルモンもドバーッ!」



自分だけでなく家族のコロナ疲れ解消にまで貢献できるんです!


しかも感謝は《誰でも》《どこでも》《何度でも》

どれだけしても減らないし、そんなに効果が高いのにタダで使用できるんです!

感謝される側の精神的な健康もサポートができるので、結果的に家族の関係も良くなり、

コロナ疲れの大幅な解消につながる《人類史上、最高のツール》かもしれません。

まとめ

今回の投稿のまとめはこちらです。

セロトニンを減らす「5つのストレス行為」

① 他者批判
② 他者批判をしているのを見聞きする
③ 自分では変えようのない出来事に注目する
④ 不安に思うことを考える
⑤ 生活リズムの乱れ

セロトンを減らさない為にする5つの対策

① 入力する情報をコントロールする
② 自分には変えられない出来事に注目しない 
③「自分の影響の及ぶ枠の外にあること」は、あくまで情報としてだけ捉える
④ 不安に思う時間をコントロールする
⑤「今できることはなんだろう?」を考える時間を徹底的に増やす

セロトニンを増やす3つの習慣

1.運動してタンパク質を食べる!
2.朝日を浴びる!
3.心からの感謝!


「もうコロナで疲れた…」

そんな人に届けば嬉しく思います。


ps.余談ですが、幸せホルモンを増やす行動は、全て免疫力アップに繋がります。
もしかしたら、感染予防対策としても効果があるかもしれませんね。


もし共感して頂けた方は、シェアにご協力頂ければ幸いです✨

いつも励みになります。

より多くの子供たちの未来の為に良い情報を多くの方に届けたい!
皆さんのお力を少しだけ貸してくださいm(__)m

Facebookなどのフォローや友人申請は気軽に申請下さい。

纐纈卓真の指導する岐阜の空手道場はこちら
https://hasegawadojo-gifu.jimdo.com/

引用元:

コメント

タイトルとURLをコピーしました